夫婦の営み特報にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ

夫婦の営み、性生活についてのニュースやほのぼのとした心温まるニュース、夫婦に関する事件なども紹介。 ニュース、夫婦に関する事件なども紹介。
夫婦の営み特報 TOP  >  スポンサー広告 >  夫婦の営みSEX >  子作りストレスでセックスに義務感?症状訴える30代増加

参考サイトランキング

1位 ED治療ナビ
ED治療ナビED(勃起不全)に関する悩みを解決する手助けをしてくれる、ED治療のポータルサイト。海外のEDについてのニュースや、ED患者さんの体験談等、ED治療に関する内容がとても充実していて、面白いサイトです!
トピックス
体験談

2位 らばQ
世界中のニュースをQ!センスのいいアメリカンジョークなんか凄く面白いですよ!

3位 毎日jp
毎日新聞のニュース・情報サイト。わかりやすく、情報も早いのでネットでニュースをみるならここでしょう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

子作りストレスでセックスに義務感?症状訴える30代増加

夫婦の生活特報

ストレス、加齢、生活習慣病……。さまざまな要因が絡み合い、勃起不全(ED)になる男性は少なくありません。中でも、子作りプレッシャーから、30代の男性で症状を訴える人が増えており、中には深刻なケースも。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

◇「失敗できない」がプレッシャーに
30代半ばの会社員の男性の告白。「セックスが子作りのための義務感になり重荷に感じることがあります」彼の妻は5歳年下で1年前に結婚。直後から妻は「子どもが欲しい」と言い、基礎体温をつけ始めた。排卵日が近づくと「○日だよ」と言われるのだとか。子どもは欲しいけれど、仕事が忙しい…。「結婚してから妻は家族のような存在になったたか、性欲そのものが減ってきた」。排卵日以外にはセックスしたことはなく、男性は心情を吐露。「失敗すれば妻を傷つけてしまう。その思いがプレッシャーになり、できなかったことも何回かある」

昭和大学藤が丘病院(横浜市)の泌尿器科医長の佐々木春明さんによると、30代の若い世代の来院が増えているとのだそうです。ED治療薬が出た99 年から09年までの10年間で517人に薬を処方。その年齢構成をみると、「35?39歳」が66人と最多。次いで「65?69歳」「55?59歳」が 59人で並に、10?30代の若い世代と、65歳以上の高齢者が、それぞれ約23%と同じくらい。佐々木医師は「草食系と言われる若い世代はセックスを妊娠のための義務ととらえがちかもしれない」と分析されています。治療に訪れる30代の男性にEDの原因を聞くと、妻からの子作りプレッシャーが最近の傾向のようです。

まず、晩婚化で高齢出産のリスクを避けるため、結婚後すぐに子どもが欲しい夫婦が増えました。子作りを急ぐあまり排卵日に合わせて、というのがプレッシャーになるようです。まじめなタイプの男性が多く、性風俗などにも興味なく、マスターベーションで満足しています。「セックスは子作りのためだけという、ゆがんだ関係が多くなってきた」と佐々木医師は指摘。

「妊娠、出産してしまえばセックスレスになり、2人目が欲しくなる40代前半に再び治療にくる男性が多い」

◇脳神経系疾患、生活習慣病なども原因に
EDとは、性交時に十分な勃起やその維持ができず、満足な性交ができない状態を指します。小林製薬が20?70代の既婚男性4461人にネット調査したところ、半数以上が「時々」「たまに」も含め勃起しないことがあったと答えています。その割合は年齢と比例するものの、20?30代の若年世代でも4割近くに症状が。EDは「性的刺激が脳にうまく伝わらない」「陰茎に血液が十分に流れ込まない」ことで引き起こされます。脳出血、脳腫瘍(しゅよう)などの脳神経系の疾患が主な原因だったり、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病との関係も深いのです。こうした器質性のものに加え、ストレス、不安感などの心因性、持病などによる症候性、などがあります。
症状が出たら泌尿器科を受診し、投薬などで治療するのが一般的です。

■EDの典型症例(佐々木医師による)
◇Aさん(38歳)会社員
結婚1年目で、結婚前に性交経験なし。性交は妻の排卵日の前後3日間で、緊張、プレッシャーのため勃起するものの消退し、結婚後一度も成功していなかった。マスターベーションでは問題はない。治療薬を処方されて成功し、3カ月後に妊娠が判明した。
◇Bさん(36歳)会社員
結婚3年目。「性欲低下」「硬度が持続しない」が主訴だったが、不妊治療が目的だった。結婚後、排卵日のみのセックスで、勃起し挿入できるが持続しなかった。2、3回の薬の服用で妊娠し、後に「妻の排卵日が近づいてくるとプレッシャーを感じた」と話した。

■参考リンク:ED治療ナビ
子作りストレスでセックスに義務感?症状訴える30代増加

確かに義務化してしまうセックス程辛いものはないかもしれませんね。
女性の子供が欲しいという気持ちに答えてあげないとっていうプレッシャーもわからなくはないんですが、それ以上に義務化してしまうセックスの方が問題な気がしますね。
セックスはもっと楽しむものという認識が大事だと思います。

ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 夫婦恋愛へ人気ブログランキングへ
[ 2010/12/15 14:41 ] 夫婦の営みSEX | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセス元ランキング
参考サイトランキング
1位 ED治療ナビ
ED治療ナビED(勃起不全)に関する悩みを解決する手助けをしてくれる、ED治療のポータルサイト。海外のEDについてのニュースや、ED患者さんの体験談等、ED治療に関する内容がとても充実していて、面白いサイトです!
トピックス
体験談

2位 らばQ
世界中のニュースをQ!センスのいいアメリカンジョークなんか凄く面白いですよ!

3位 毎日jp
毎日新聞のニュース・情報サイト。わかりやすく、情報も早いのでネットでニュースをみるならここでしょう!
プロフィール

hu2seikatsu

Author:hu2seikatsu
夫婦の営み、性生活についてのニュースやほのぼのとした心温まるニュース、夫婦に関する事件など、いろいろな記事を紹介していきたいと思います。
毎日更新する予定なので、よければ足を運んでくださいね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。