夫婦の営み特報にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ

夫婦の営み、性生活についてのニュースやほのぼのとした心温まるニュース、夫婦に関する事件なども紹介。 ニュース、夫婦に関する事件なども紹介。
夫婦の営み特報 TOP  >  スポンサー広告 >  夫婦の営みSEX >  江戸の春の風物詩、黄精とは?

参考サイトランキング

1位 ED治療ナビ
ED治療ナビED(勃起不全)に関する悩みを解決する手助けをしてくれる、ED治療のポータルサイト。海外のEDについてのニュースや、ED患者さんの体験談等、ED治療に関する内容がとても充実していて、面白いサイトです!
トピックス
体験談

2位 らばQ
世界中のニュースをQ!センスのいいアメリカンジョークなんか凄く面白いですよ!

3位 毎日jp
毎日新聞のニュース・情報サイト。わかりやすく、情報も早いのでネットでニュースをみるならここでしょう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

江戸の春の風物詩、黄精とは?

127.jpg

江戸時代の庶民に重宝された生薬、黄精(ナルコユリ)についてのお話です。

黄精は、ユリ科の多年草ナルコユリの根茎で、古代中国の薬物書にも出てくる程、はるか昔から人々の間で生薬として使われてきたのだそうです。日本でも山林 に広く自生し、その根茎は凶作のときに掘り出して飢えをしのぐ救荒植物だったのだとか。現在でも、一度湯通しして天日で乾燥したものを、漢方薬局などで入 手することができるそうです。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

売り声が春の風物詩
十八世紀の江戸では、春になると、黄精売りの売り声が響き、当時の江戸の春の風物詩のひとつとされていたそうです。江戸の庶民の間では、黄精は、体力が落 ちたときなどに用いたのだとか。黄精は江戸の色里・吉原でも人気だったそうで、黄精の砂糖菓子が遊女たちの間で流行したという記録があるそうです。

小林一茶も愛用していた
かの有名な俳人、小林一茶も黄精を愛用していたのだそうです。彼の残した日記「七番日記」には黄精を掘ったり、摘んだりした記録が出てくるのだとか。一茶 の場合は黄精を酒に漬けて飲んでいたのだそうです。一茶は生涯で3人の妻を迎え、5人の子を残し、最後の子を授かったのは一茶が65歳のときだったといい ますから驚きです。黄精酒を飲むことが、彼の健康の秘訣だったのかも知れません。

黄精酒…これは飲んでみるしかないでしょう…!
江戸時代の人もEDで悩んでた人とかいたんでしょうかね?ちょっと興味あり。

■参考リンク
ED治療ナビ
江戸の春の風物詩、黄精とは?

もっと詳しくニュースをみる


ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 夫婦恋愛へ人気ブログランキングへ
[ 2011/04/15 08:29 ] 夫婦の営みSEX | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセス元ランキング
参考サイトランキング
1位 ED治療ナビ
ED治療ナビED(勃起不全)に関する悩みを解決する手助けをしてくれる、ED治療のポータルサイト。海外のEDについてのニュースや、ED患者さんの体験談等、ED治療に関する内容がとても充実していて、面白いサイトです!
トピックス
体験談

2位 らばQ
世界中のニュースをQ!センスのいいアメリカンジョークなんか凄く面白いですよ!

3位 毎日jp
毎日新聞のニュース・情報サイト。わかりやすく、情報も早いのでネットでニュースをみるならここでしょう!
プロフィール

hu2seikatsu

Author:hu2seikatsu
夫婦の営み、性生活についてのニュースやほのぼのとした心温まるニュース、夫婦に関する事件など、いろいろな記事を紹介していきたいと思います。
毎日更新する予定なので、よければ足を運んでくださいね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。